株式会社Speee

Articles

Speeeという企業の人格/性格

2016年10月に設立10期目を迎えたSpeee。 Speeeという会社の人格/性格を明文化・可視化するために CI(コーポレート・アイデンティティ)とコーポレートロゴを一新。 CI/VIに込められた想いとSpeeeの今後について書き綴られています。

こだわりの就業環境

「仮眠室」、「ラウンジ」、「マッサージ」、「専任のカフェスタッフ」 など社員の生産性を向上するためにこだわり抜かれたオフィス環境。 941blog さんに取材され社内外に大反響があった記事の紹介です。

理想のテクノロジーカンパニーを目指して

技術顧問として、Ruby 開発者のまつもとゆきひろ氏と、 元クックパッド技術部長の井原正博氏をお迎えし、組織制度や開発体制を刷新しました。 なぜ、お二方に協力を仰ぐことになったのか、その背景と今後目指す姿とは…

さらなる技術力強化に向けて

2016年8月、ネイティブアプリケーション領域を中心とした技術顧問として藤吾郎氏を迎え、 「テクノロジーカンパニーとしての Speee」を目指しています。

顧問との関わり方 ①

例えば先日から開発部顧問を勤めているSpeeeの場合だと、 一緒にまつもとゆきひろ氏を技術顧問として招いてメインの開発言語をRuby、フレームワークをRuby on Railsに刷新しました。
元クックパッドの井原氏が「顧問」という仕事を引き受ける理由 CARRER HACK 単なる技術の指導者にとどまらず、組織を本気で変革していく ――元クックパッドの井原氏が取り組む「組織顧問」という考え方 CodeZine

顧問との関わり方 ②

Speeeが開催する勉強会では、一緒にコードの短さを競うコードゴルフや ゲームを楽しむなどの交流も積極的に行っています。

顧問との関わり方 ③

技術顧問として関わるというのは色々なやり方があると思いますが、 私の場合はモバイルファーストなサービスの開発チーム作りやメンバーのスキルの向上などのお手伝いする予定です。
モバイルアプリ開発環境のためのフェーズ別チェックリスト Speee DEVELOPER BLOG

Rubyコミッターの参画

2017年2月よりRubyコミッターの村田賢太氏が開発部R&Dグループに就任。 今後はSpeeeでそれらの活動を続けながらRubyのエコシステムの発展に貢献し、Speeeの技術力向上を目指してまいります。

技術で評価する風土

今回は「技術を用いた課題解決」をテーマとし、 各々の技術的挑戦について7分でプレゼン、 質疑応答3分という時間を設定し、プレゼン力、技術独自性、汎用性などを評価項目として、エンジニア全員が発表しました。
SpeeeKaigi を開催しました!! Speee DEVELOPER BLOG 第二回 SpeeeKaigi を開催しました Speee DEVELOPER BLOG

価値に対して正当な評価かどうかが大事

そういう意味では、100億円の価値が出せるなら1億円位もらって良いと思うんです。 大きな成果を出したら相応のフィードバックを得るのは普通です。
ITエンジニアになぜ1000万円の提示年収を出せるのか? 転職ドラフトReport

イベントで見かけたらぜひお立ち寄りください!

Speee は、毎年 RubyKaigi や Ruby World Conference のスポンサーとして参加しており、 各種イベントにて広報活動を展開しています。